2045年には平均寿命が100歳に??

そんな風に言われていること

あなたはご存知ですか?

 

「えーっ⁈」

そんな声が聞こえてきたような気が・・・。

 

ですが これは絵空事ではなく

2017年9月15日現在 100歳以上の方が

なんと67,824人!

伸び率も過去最高となり

政府も【人生100年時代構想】への取り組みを始めています。

 

NHKの番組でも何度か取り上げられ

100歳を過ぎてもとてもお元気な方が

たくさん紹介されていました。

 

100歳まで生きられるとしたら・・・

あなたは

嬉しいと感じますか?

それとも

不安を感じますか?

 

私がこの100歳時代の到来を知って

周りの方々に質問をしたら

多くの方は 不安の方が大きい

回答されていました。

 

その中でも

 

・経済的な不安

・健康の不安

・心の不安

この3つが大きなものとして

挙げられていますが

あなたはいかがですか?

 

経済的な不安

ある程度の年齢になって

必ず出てくるこのキーワード

 

以前は 会社勤めの方は

65歳定年として考えて

80歳ぐらいまで生きるとしたら

それまでの16年ぐらいは年金でという

人生設計を立てることが普通でした。

 

ですが

少子高齢化が進み

支給額はどんどん下がり

支給開始年齢は引き上げられていく一方

 

そんな状況の中

100歳まで生きられると言われても

『生活していけるんだろうか・・・』と

不安になったとしても当たり前ですよね。

 

健康の不安

今や二人に一人が がんになると言われる時代

私も2度の乳がんを経験しました。

 

以前は【がんは不治の病】と考えられていましたが

今は 早期発見だと助かる確率も

どんどん高くなってきています。

 

子どもの頃 50代といえば

もうおじいちゃん・おばあちゃんのイメージでしたが

自分がその年齢になって 今感じているのは

以前に想像していたよりも

ずっと若々しさを保てている人が多いということ。

 

そんな風に 健康的に若々しいまま

歳をとるという世の中がやってくるというのも

じつは あながち夢物語ではないようです。

 

心の不安

これは生きがいとも

大きな関連があるように思います。

 

たとえば

働いている時や 子育てなど

自分の役割というものを実感できている時は

やりがいや生きがいを感じる機会が多いですよね。

 

ですが

定年退職等で 現役を退いたり

子ども達が自立していき親としての役目も

一段落がついたと感じた後

急に生きがいを失い 存在価値がないと感じる。

 

そんなことがきっかけで 一気に認知症が進行したことも

少なからず耳にします。

 

人生設計図を書き換えるのは あなた自身

上記のような不安を抱えていて

『そんなに生きたくない・・・。』などと思っても

長く生きる時代がくるとしたら・・・。

 

今のうちから しっかり準備をして

あなたが望み描いた人生設計図を

あなたらしく生きていくという

積極的な生き方の選択をしませんか?

 

100歳時代をあなたらしく生きる人生設計図を描く

それが

クリスタルライフ・プランニング™

 

私たちクリスタルライフ・プランナー™が

よりよく生きることを選ぶ

あなたの人生を応援します!


更新日:

Copyright© Crystal-Life , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.